第7回徳島新聞

生命科学分野研究支援金を贈呈

  徳島新聞社会文化事業団は、徳島県内の大学生または大学院生を対象に生命科学分野の研究を支援する「第7回徳島新聞生命科学分野研究支援金」の贈呈式を7月24日(火)に行い、徳島大学・大学院、徳島文理大学、四国大学大学院の学生による5件の研究に各20万円を贈りました。
  支援対象の決定に当たっては、研究に対する情熱・意欲と研究活動資金不足のひっ迫度・緊急程度などを考慮し、3大学の島本隆教授、福山愛保教授、曽川美佐子教授らで組織する審議委員会で審査した。今回、各大学からの応募者は29件(徳島大・大学院25件、四国大大学院3件、徳島文理大1件)でした。
 支援金を受けたのは以下のみなさん

 

 

 

・徳島大学大学院 薬科学教育部 創薬科学専攻 博士後期課程 第2年次

 

      戸口(と ぐち) (むね)(ひさ)

 

・徳島大学 医学部 医学科 第5年次

 

      藤本(ふじもと) 将太(しょうた)        

 

・徳島大学大学院 医科学教育部 医学専攻 第4年次    

 

      ガンホヤグ・アリウンボルド

 

・徳島文理大学 薬学部 薬学科専攻 第5年次 

 

      橋本(はしもと) 紀子(のり こ)   

 

・四国大学大学院 人間生活科学研究科 人間生活科学専攻 修士課程 2年

 

      小谷(おだに) (わたる)