徳島新聞社会文化助成金(2020年度分)を受けた皆様へ

コロナで中止の場合、助成金返還を

 新型コロナウィルスの影響により、助成金をもらったものの、今年度予定していた事業が中止になったり延期になったりした団体が少なくないと思われます。申請通りの事業や活動ができなくなった場合、原則として助成金を返還していただくこととなっています。

 

 助成金の審査にあたっては、申請内容を最重視して助成団体を選んでいます。従って、この助成金を申請内容とは別の使途に流用することはできませんので、ご理解とご了承をいただきますよう、お願い申し上げます。

 助成金を受けた各団体の皆様には、事業が適切に行われたかどうかを示す「活動報告書」を来年1月までに提出してもらっています。返還が必要な団体はその際に申し出ていただき、助成金をお返しいただきますよう、お願いいたします。

 

 なお、「事業は中止したものの、準備のための費用が多くかかった」「似たような事業をオンラインで実施した」「事業を来年の〇日に順延することが既に決まっている」など、助成金の扱いが難しい団体の皆様には相談に応じますので下記までご連絡ください。

 

 

(公財)徳島新聞社会文化事業団

業務執行理事 喜多條(きたじょう)高資

電話 088(655)7365

   088(655)7348